小名浜聖テモテ支援センターでは、ボランティアを募集しておりません。

Monthly Archives: 9月 2012

無花果の甘煮

DSCF0970

渡辺町の仮設でのカフェ。今日は植杉さんが無花果の甘煮を持ってきてくれました。 かぼちゃの煮る方法で話に花が咲きました。無水で煮ると美味しいそうです。 大熊町は5年間帰還しないことを町議会で決めました。政府は三つに分割しよ […]
続き…

何をしているの ?

聖テモテ教会の聖堂で祈る岩井教授

小名浜聖テモテボランティアセンターが第2期の歩みを始めて3か月が過ぎようといています。 27日には東京から茨城県立医療大学の岩井和子教授が渡辺町昼野の仮設でのほっこりカフェをリサーチに来られました。作業療法の専門家として […]
続き…

おお、寒い

ソバの花

雨と共に10月中旬の気候に突入しています。蕎麦屋さんの店先にソバの花が咲いていました。 今日は朝から「富岡町仮設通信」をプリントし、各戸に配布しました。PDFで送りますので観てみてください。tomioka_11 予定表に […]
続き…

猛暑終わる

DSCF0938

ここ小名浜では、花は夏の朝顔と秋のコスモスが共存していましたが今日の雨で一気に秋の領域に突入しました。               大阪教区婦人会の皆 […]
続き…

マジックと水

左から 寺岡ひろやさん 鈴木しょうぞうさん 鈴木よしひろさん

  今日は早朝、大阪から南YMCAのY’メンズの代表3名が到着。渡辺町昼野の応急仮設住宅(入居者大熊町民)のほっこりカフェに同行。お茶のあと、マジックを披露してくれました。   &nbsp […]
続き…

生き抜く(南三陸町 人々の一年)

生きる 001

先週、大阪に帰っている間に「石巻市立湊小学校避難所」のドキュメンタリー映画を十三の第七芸術劇場で観てきました。前にブログで案内しました。多くのかたが足を運んでくださったでしょうか。今日は、南三陸町の人々の一年を追った映画 […]
続き…

川越からの来訪者

川越からの一行

お待たせいたしました久しぶりにブログを更新します神戸教区からの﨏田さんは今朝(16日)米子に帰って行きました。有難うございました。 昨日15日(土)は渡辺町昼野(大熊町民)でのカフェに川越基督教会から6名が川越のお土産を […]
続き…

1年半を経て、なお仮設住宅の建設

新しい仮設住宅

富岡町の住民希望者全員に、タブレット端末が配布されています。 基本は「町のホームページ」をタブレット用に見やすく構成された内容が見られるものです。 せっかくのdocomo端末で、インターネットを使えるタブレット端末ですが […]
続き…

ほっこりカフェの全体会議

ほっこりボランティアの会議

本日は、ほっこりカフェの後、カフェボランティアに参加されている住民の方々が会議を開催されました。 住民主体に移行して二ヶ月、カフェの必要性がますます再確認されました。      
続き…

リレーウオークの一行来る

リレーウオークの一行

6日夕、雨の降りしきる中東京教区正義と平和協議会が主催する福島の被災地を巡るリレー ウオークの一行が聖テモテ教会に到着、夕のt礼拝のあと、震災によって破壊された久ノ浜第1幼稚園の園長青木先生の体験を聞きました。 &nbs […]
続き…

1 / 212