小名浜聖テモテ支援センターでは、ボランティアを募集しておりません。
Home » 活動 » 幼稚園のハロウィンパーティーに参加・仮設住宅の防犯を考える

幼稚園のハロウィンパーティーに参加・仮設住宅の防犯を考える


一昨日お伝えしたように、本日は聖テモテ幼稚園のハロウィンパーティーです。
原田司祭を始め、それぞれが仮装をして参加しました。
幼稚園児達には大好評で、「また来て〜」と沢山の声をいただきました。

ハロウィンパーティーに参加

 

仮設住宅の220世帯に、来週のカフェのチラシをポスティングしました。
仮設住宅連絡員の方とのお話しで、防犯についての話題が出ました。

富岡町は避難区域になっているのですが、家財の盗難が多く、テレビやHDDレコーダーは持ち出され、貴重品の他あらゆるものが盗難に遭われているとのことです。立ち入り禁止をかいくぐり、今もなお盗難が続いているとのこと。

仮設住宅敷地内の防犯にも話が及び、イベントを開催している最中は、敷地内のために家を開放したまま外出することも考えられるとのこと。また、買い物や温泉の送迎なども、「誰がどの程度外出しているか」が一目瞭然になってしまうので、防犯上留意する必要があるなどの話をしました。

私たちボランティアも、多くの知り合いが増え、ついつい防犯については脇が甘くなることがあります。
犯罪は起きないことがもちろん大切なのですが、犯罪が起きやすい状況を作り出してしまうことを避ける努力も必要とされます。

来週のカフェのチラシをポスティングする

青い空のいわき市